PSI ハンス・エンゲルベルツ基金

Hans Engelberts
2015年5月27日-28日に開かれたPSI 執行委員会は、この卓越した国際労働組合活動家を記念して特別基金を創設することを決定した。

ハンス・エンゲルベルツ (1943年-2015)

1981年12月にシンガポールで開催された第22回世界大会で PSI 書記長に選出されたハンスは、数回の再選を果たした後に2007年に引退した。彼は、26年以上ものあいだ書記長として活躍した後に、PSIの創立百周年を記念する2007年のウィーン大会を機に引退した。

ダイナミックで、構想力にすぐれたリーダーとしてハンスは、任期中に世界を揺るがす多くの事件が起こるなかPSIを率いて、組合員を1千万人以上増やし、退任時には組織人員は何と2千万人に達していた。

基金

2015年5月27日-28日に開かれたPSI 執行委員会は、この卓越した国際労働組合活動家を記念して特別基金を創設することを決定した。

目的

  • 若い労働組合リーダーを訓練や開発面で支援する
  • 労働組合権のキャンペーンや取り組みを支援する
  • PSI加盟組合の組織化の取組を支援する
  • 質の高い公共サービスを求める(とりわけ民営化反対の)地方、地域あるいはグローバルなキャンペーンを支援する
  • PSIの優先課題に沿った出版やリサーチその他の取り組みを支援する

ガバナンス

ハンス・エンゲルベルツ基金は5名の委員によって運営される、委員の構成は職権上の2名とPSI執行委員会が承認した3名である。

  • PSI 書記長 (職権上)
  • PSI 理事会の3人目の理事 (職権上)
  • 2名のPSI副会長、任期は2年
  • 若年労働者の代表1名

申請

基金は、十分な資金が集まった時に、企画案を求めることができる。

PSI加盟組合は、先の三つの優先分野の枠組みの中で自発的に申請を出すこともできる(上記「目的」の項を参照)。

基金の意思決定と監視

ハンス・エンゲルベルツ基金の委員会は、PSI書記局の支援を受けて、助成金の交付を決定し、その使われ方を定期的に監視する。

基金の残高と会計処理は年次監査とPSI財政報告のなかに含まれる。

基金への寄付金

ハンス・エンゲルベルツ基金は、PSI加盟組合から、そして外部機関や個人から寄付金を受け取る。

寄付金の送金先は次の通り。

口座名: Internationale des Services Publics
口座番号: 298 630 31 06 90-0 、もしくは IBAN CH72 0844 0298 6303 1069 0

スィフト・コード: COOPCHBB
Banque Coop
CP 3828
CH-1211 Geneva 3
Switzerland

すべての銀行振り込みでは、“Hans Engelberts Fund(ハンス・エンゲルベルツ基金)”と記入してください。

加盟組合からの寄付金の場合は、あらゆる銀行振り込みに加盟組合番号(Tuxxxxx)を記入することをお忘れなく。

加盟組合でない場合には、寄付金があて先に届くように名前とフルアドレスを記入してください、そして振り込み時にPSI書記局hans_engelberts_fund@world-psi.orgにお知らせください。

これによって、書記局はあなたからの寄付金があったことを確認することができます。

 

Download a PDF of the regulations in English - Français - Español - Deutsch - Svenska - Japanese